スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2006年06月12日(Mon)

がっかり…

カテゴリー:仕事記事編集
前回の続き…
村上さん、やっぱり叩いたらたくさん「埃」が出てきちゃいました…
叩いて「埃」の出ない人はいないと思うけど、
あれだけの会見を開いておいてそりゃないよ…(T_T)
がっかり…(――〆)
自分のやったこと、自分の仕事に「誇り」をもっていたのに…
らなおさらがっかり…(+o+)

さて、仕事の「誇り」についてだけど
みんなどんな感覚で仕事しているんかな???
俺はさほど仕事を楽しいと感じない。
そもそも仕事って楽しんでするものなの???
心の底から仕事が楽しいって言える人は
仕事との適正(才能)がばっちりあっている人ぐらいちゃうかな…。
要は気持ちの問題(^^♪
同じ時間を費やすなら「しんどい」と思うよりも
「楽しい」とおもって仕事ほうが気が楽ということ…

ちなみにGASSさんのお仕事は企画営業
具体的に何してるの???
マーケットは看護介護 、
事業内容は出版事業及び教育研修事業
もう少し細かく見ていくと…
出版事業は専門職向けの雑誌及び書籍の企画のこと。
呼吸器&循環器病棟で働く専門職の人たちは
日進月歩する医療技術に遅れることなく
知識と情報を身につけておく必要があります。
そういった知識や近年の医療に関する最新のトピックスなどを企画して記事にする。
単に企画するといってもいろいろなマーケット調査を鑑みて企画する必要があります。
それらを専門職に依頼して執筆してもらう。
これが情報誌の企画の仕事です。
書籍もおんなじで、より体系化された情報が必要なら 一冊の本として企画する。
ここまでが出版事業の中でのお仕事です。

次に教育研修事業の企画のお仕事です。
これは、専門職向けのお勉強会を企画するお仕事です。
あまり、ぴんとこないかもしれないけど、
本とかではわからないこととか、日々の仕事の中での悩みなどに対して
講師を招いて勉強を企画するというお仕事です。
例えば営業マンなら本屋に行けば営業に関する本は山ほどある。
読んではみるものの、こんなときはどうするなどなど、
実際に面と向かって話を聞いて個別に教えてもらいたいことも多々あると思います。
そういう場合は著者を招いて公演を開いたりしますよね?
そんなことを看護介護のマーケットで企画するのがお仕事です。
なので、土日の出勤は の研修会の運営ということになります。

まぁ、いずれにしてもおいらの仕事は
マーケットの中で商売につながるにおいを嗅ぎ取れる嗅覚と
それを形にできる人脈が必要なんですー。

そんなこんなで日々有名な人たちにアプローチを試みようと
病院や施設に営業に行っているわけであります…。
スポンサーサイト
 
│posted at 21:08:46│ コメント 0件トラックバック 0件
■この記事へのコメント
■この記事にコメントを書く。




 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
■この記事へのトラックバック
■この記事へのトラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。