スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2006年05月28日(Sun)

ニワトリが先じゃなくて、卵が先だそうです…

カテゴリー:独り言記事編集
ニワトリが先か、卵か先か―。
学者から酒場の酔客まで悩ませ続けてきたこの“命題”に、
英国の遺伝子専門家と哲学者、養鶏家の3人が結論を下した。
その答えは「卵が先」。英PA通信が26日、報じた。
ノッティンガム大のブルック・フィールド教授(進化遺伝子学)らによると、
生物が生きている間に遺伝物質が変化することはなく、
ニワトリ以外の鳥が途中でニワトリになることはあり得ない。
このためニワトリ以外の鳥が産んだ卵が、
突然変異でニワトリの特性を備えた卵になった、
と結論づけたという。
=2006/05/28付 西日本新聞朝刊=

だそうです…。
どういうこと???
「生物が生きている間に遺伝物質が変化することはなく…」
つまり、ニワトリはニワトリとして生きている間に、
遺伝子は変わることはないということか(・o・)

「ニワトリ以外の鳥が生んだ卵が、突然変異でニワトリの…」
んんんんんんんん(;一_一)
ニワトリの誕生は、
ニワトリ以外のトリが突然変異で
ニワトリを生まない限りありえないということか…(+_+)

じゃぁ、「ニワトリ以外のトリ」も
『「ニワトリ以外のとり」以外の鳥』の突然変異で生まれたの…(゜_゜>)
『「ニワトリ以外のとり」以外の鳥』も
[『「ニワトリ以外のトリ」以外の鳥』以外のとり]の突然変異で…

あ~きりがない…
結局のところ、生命の誕生なんてものは
今生きている人間がいくら考えようが、
過去の化石から推測しようが、
本当のところは誰にもわからない。
もっといえばそんなの知ったところでなんになるの(・へ・)
いみないじゃ~ん。

一般人はそんなことよりも、
明日どうやって生きるか、
人生この先どうやって生きるか、
そっちのほうが大事やな~。

人生という映画でもドラマでも舞台でも小説でも
何でもいいけど、主役は紛れもなく自分です。

落ち込んだとき、
どうやってそれを切り抜けるか企画するのも、
うまくいくように演出するのも、
そしてそれを実行するのも…。
企画・演出・脚本・主演を独り占め(^u^)

そして、言葉は悪いが周りは自分を演出してくれる脇役です。
しかし同時にそれぞれの人生の主役でもあるわけです…。
もちろん自分も誰かの人生の脇役です。
みんなそれぞれの舞台で主役を張ると同時に
誰かの舞台では名脇役なんです。
そう思うと、自分の日々の言動が楽しく思える。

なんだか、最近気分の浮き沈みが激しいけど、
常に上向きなんてことはありえへんし、
うじうじ落ち込むことも多々ある。
うじうじすることが悪いとも思わんけど、
うじうじし続けることは悪いことだ。

はて???「卵が先か、にわとりが先か」という論争から
なんで、こんな話の展開になったの???

まぁ、いくら考えたところで、
所詮一人の頭の中で考えたところでたかが知れているし、
そんなにたいしたことじゃないことも多いかも…。
スポンサーサイト
 
│posted at 22:03:32│ コメント 1件トラックバック 0件
■この記事へのコメント
≫キクリン
URL│posted at 2006-05-29(Mon)11:47│編集
あっ!!それ俺も見ました
■この記事にコメントを書く。




 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
■この記事へのトラックバック
■この記事へのトラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。